〒166-0002
東京都杉並区高円寺北3丁目20−25

電話マーク

お電話

メニュー

春に多いぎっくり腰の原因について

/

ぎっくり腰

症状から記事を探す

ぎっくり腰の原因と対処法

こんにちは!
院長の田上です。

4月に入り新学期、新生活がはじまりましたね。
張り切って頑張っていきましょう。

春はぎっくり腰(急性腰痛)が増えます。
暖かくなるのになぜ?ですよね。
朝と昼の気温差が大きいからです。
寒い朝はまだまだ身体が硬く、急に動くと筋肉を痛めてしまいます。
急性腰痛で痛めやすいのが「腰腸肋筋」という、腸骨から肋骨までつながっている体幹の後屈に作用する筋肉です。

「ぎっくり腰になった時はどうしたらいいの?」といった質問をよくいただきます。
ぎっくり腰(急性腰痛)は、筋肉の繊維が傷ついた状態なので、筋肉の出血、腫脹、熱感、疼痛が伴います。
腫れや痛みを抑えるには冷感シップではなく、アイスパックや氷嚢などを使用してアイシング(冷却)を行ってください。
寝る時は痛いほうを上にして休むことをおすすめします。

また、痛みのある部分に圧が加わると痛みが増幅しやすいことから、横向きになって、膝と股関節を90度くらい曲げた状態が良いです。
動かしてしまうと傷が塞がりません。
安静が一番といえます。

当院では、「ハイボルト療法」によって、こうした症状を一気に下げるよう努めています。
ぜひご相談ください。

著者 Writer

著者画像
田上 竜司
誕生日:1991年6月21日
血液型:B型
趣味:サッカー、フットサル

患者さんへのコメント:
皆様を健康にすることをモット―に日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします!

当院のサービス

イメージ

保健施術

イメージ

基本施術

イメージ

ハイボルト療法

イメージ

特殊固定具

イメージ

経穴(ツボ)へのアプローチ

イメージ

テーピング

イメージ

骨格矯正

イメージ

CMC筋膜ストレッチ(リリース)

イメージ

超音波療法

イメージ

ドレナージュ(EHD・DPL)

イメージ

カッピング

イメージ

産後矯正

イメージ

自律神経調整

イメージ

O脚矯正

イメージ

猫背矯正

イメージ

MCE

高円寺こうしん接骨院

住所

〒166-0002
東京都杉並区高円寺北3丁目20−25

最寄駅

JR高円寺駅 徒歩2分

駐車場

なし

9:00〜12:00 -
15:00〜20:00 -
お電話でのお問い合わせ

03-5356-9780

Web予約はこちら
Web予約受付フォーム24時間受付

BACK TO TOP

お電話アイコン

お電話

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE公式アイコン

LINE公式

instagramアイコン

instagram

メニュー