捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 転んで足首を
    捻ってしまった

  • 手首が痛み
    曲げ伸ばしが
    しにくい

  • スポーツをして
    いて足首が痛む
    ようになった

  • 肩関節の痛みが
    続いている

その手の痛みや腫れ・しびれの原因は

捻挫や腱炎・腱鞘炎は私たちの生活の中で、とても身近な存在のケガです。

 

放っておいてもそのうち緩和すると考えている方も多いかもしれませんが、

症状が悪化したり、痛みが慢性化したりするケースもあります。

 

捻挫や腱炎・腱鞘炎の原因や対処法を知って、急なケガに対応できるようにしておきましょう。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

捻挫と腱炎・腱鞘炎の症状や原因について

捻挫や腱炎・腱鞘炎は、日常生活やスポーツにおいて起こりやすい疾患です。

身体にたくさんある関節や腱が炎症を起こすことで痛みを発症しますが、その原因はさまざまなものがあります。

 

【捻挫の症状】

 

日常生活やスポーツをしていて、足首や手首をグキッと捻ってしまった経験がある方は多いでしょう。
痛みは個人差があり、少し時間が経てば引くような場合もあれば、強い痛みで動けなくなるような場合もあります。
痛みだけではなく、患部が腫れてくるといった症状も現れます。

 

 

 

【腱炎・腱鞘炎の症状】

 

腱炎は肩関節やかかと、膝などに存在する腱が炎症することによって痛みが発症します。
動かしたり押したりすることで痛み、腫れて患部が熱を持ちます。
腱鞘炎でも同様に痛みや腫れが生じます。

初産の方によくみられる症状のため、初産腱鞘炎という名前がついている腱鞘炎もあります。

 

【捻挫の原因】

 

捻挫は、関節にある靭帯や腱などに外から強い力が加わることで、関節部分が傷ついて炎症を起こしてしまうことが原因で痛みや腫れが起こります。

日常生活において段差などで不自然に足を捻ったり、転倒したりすることで捻挫になってしまう場合があります。
また、スポーツ中に急な方向転換をしたり、相手とぶつかったりすることでも起こります。
交通事故で起こるむちうちも首の捻挫であり、頚椎捻挫といいます。

 

【腱炎・腱鞘炎の症状別原因】

 

●アキレス腱炎

ふくらはぎの筋肉とかかとを結ぶアキレス腱が炎症を起こしてしまう病気で、ランナーに多くみられます。
走ることでアキレス腱に負荷がかかって炎症を起こします。

 

●肩腱板損傷

肩に強い痛みがあり、腕を上げる動作でも痛みが生じます。
野球や水泳、テニスなど腕を高く上げる動作を繰り返し行うことで、炎症して腫れてしまいます。

 

●ドケルバン病

親指を広げたり伸ばしたりする腱が炎症を起こす病気で、スマホの長時間使用などが原因になります。

 

●ばね指

指の曲げ伸ばしの際に引っ掛かりが生じるという症状があり、手のひら側の指の付け根に痛みが発症します。
指をよく使うピアノパソコンなどが原因で起こる他、妊婦や更年期女性にも多いと言われています。

 

捻挫や腱炎・腱鞘炎になった時の対処法

捻挫や腱炎・腱鞘炎になった可能性がある場合には、どのような対処をすればいいのでしょうか?

捻挫や腱炎・腱鞘炎は受傷時の対処がとても大切です。

 

●応急処置をする

応急処置を行うことで、痛みを減少させたり、腫れを抑制したりすることが期待できます。

応急処置には基本の「RICE処置」と呼ばれるものがあります。次を参考にすみやかに処置を行ってください。

・Rest(安静)

患部を動かさないように安静にします。場所を移動する場合には、タオルや板などを用いて患部を固定します。

 

・Ice(冷却)

受傷時は炎症を起こして患部が熱を持っています。そのため、患部をアイスパックなどで冷やすようにしましょう。直接アイスパックや氷をあてると凍傷になってしまうので、ビニール袋に入れてタオルなどで巻くと良いでしょう。

 

・Compression(圧迫)

患部を圧迫することで、出血や腫れを抑制します。患部をテーピングなどで圧迫しますが、あまり強く圧迫しすぎないように注意が必要です。圧迫しすぎると血液循環が悪くなってしまいます。

 

・Elevation(拳上)

患部を心臓より高い位置に挙げるようにします。これにより、出血や腫れが抑制されます。

●医療機関に行く

腫れや痛みが強い場合や、何日も痛みが続くような場合には医療機関へ行きましょう。
捻挫や腱炎だと思っていても、骨折や靭帯の断裂を起こしている可能性もあります。

 

●テーピングをする

腱鞘炎の場合は手首になるため、動かさないで日常生活を過ごすということが難しいかもしれません。
痛む時にはできる限り指や手首を使わないようにすることをおすすめしますが、難しい場合にはテーピングで手や指の負担を減らすようにしましょう。

 

高円寺こうしん院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

捻挫は骨と骨を繋ぐ靭帯、筋肉、軟部組織の損傷です。

 

痛めた軟部組織は出血しますので、まずRICE処置を行い、関節を固定します。

固定後は関節、筋肉が硬くなってしまうので「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」や運動機能を高めるためにストレッチを行います。

 

腱炎・腱鞘炎は主に手関節に起こる疾患です。別名「ドケルバン病」や「ばね指」と言われます。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

外傷性の「打撲」「捻挫」「挫傷(肉離れなど)」「骨折」「脱臼」などに対して健康保険などの使って施術を受けることが可能です。※骨折・脱臼については医師の同意が必要です。(応急処置を除く)
肩こりなどの慢性の痛みや慰安目的は保険適用外となります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高電圧を身体の負傷部位に浸透させることのできる電気療法です。
期待できる効果は「軟部組織の修復」「痛みが出るサイクル、原因を特定する」ことです。
レントゲンでは映らない、筋肉、腱、靭帯の修復を促進することで早期回復が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)へ金属粒などがついたテープを貼り刺激をすることで自律神経の乱れにより生じていた不調の改善や肩こりなどの血行不良により生じていた症状の改善が期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープ(人工筋肉)と呼ばれるテープを貼ることによって、筋肉と皮膚の間のリンパの流れを促進し早期回復を目指したり「パフォーマンスの向上」「負荷の軽減」などさまざまな目的によりテーピングを使い分け施していきます。

 

■骨格矯正

身体のバランスの崩れにより生じた痛みに特化した施術です。
原因が思い当たらない痛みにお悩みの方の中には、姿勢のアンバランスが影響し症状が発生しているケースが多くあります。
1度姿勢を見直してみましょう。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは、筋肉や骨格など全身の組織を覆っている物質です。 この筋膜はストレスや悪習慣により分厚く硬くなったり癒着する性質があります。 この状態が続くことで、筋肉や関節に負担がかかり身体の様々な箇所に痛みや違和感をもたらせます。
そこで「筋膜ストレッチ(リリース)」という皮膚の表面から刺激を送り癒着した筋膜をはがし柔らかくする施術を行っていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:田上 竜司
誕生日:1991年6月21日
血液型:B型
趣味:サッカー、フットサル
患者さんへのコメント:皆様を健康にすることをモット―に日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺こうしん整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目20−25
最寄:JR高円寺駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中