肩こりでお悩みの方へ

肩こりによくある症状

  • 肩が重い

  • 慢性的な肩の
    痛みがある

  • 肩こりだけではなく、頭痛や
    目の疲れなどの
    症状も伴う

  • 首の付け根から肩が張ったような感じがする

長年の肩こりに悩まされている方は多くいらっしゃいます

首から肩周りが張ったように感じ、痛みや重さがあるといった

肩こり症状に悩まされている方は多いです。

 

肩こりは一時的な場合もありますが、長年症状が続く慢性的な肩こりが多くなっています。

 

肩こりがあると疲労が感じられますし、ひどい場合には頭痛や吐き気などを伴うこともあります。

肩こり改善メニュー Recommend Menu

肩こりになる原因

肩こりなんてそのうちよくなるだろうと考える方も多いかもしれませんが、放っておくと日常生活に支障をきたすほどの痛みになる可能性もあります。

さまざまな原因が重なって肩こりを起こしてる場合も多く、セルフケア不足が原因で肩こりを起こしているかもしれません。

肩こりの原因と考えられる主な原因をみていきましょう。

 

【肩こりの主な原因】

 

●姿勢の乱れ

頭の重さは約5㎏と言われており、意外と重い物です。

その頭を首と肩によって支えており、姿勢の悪さは頭を支える負荷を大きくするため、肩への負荷も蓄積されてしまいます。

そうすると肩は疲労してしまい、肩こりを発症してしまいます。

 

 

●同じ姿勢、眼精疲労

近年ではデスクワークで肩こりを引き起こす方が多く、この原因は眼精疲労同じ姿勢を続けていることです。
デスクワークによって同じ姿勢で座り続けていれば、首から肩の筋肉が緊張して血行不良になり、肩こりを発症します。
また、パソコンやスマホなどの画面で文字を見続けることで眼精疲労が起こり、同時に肩周りの筋肉も緊張してしまいます。

 

●運動不足

年齢と共に筋肉量は減っていくものであり、運動をしなければ肩の筋力は低下します。
筋力が低下した肩で頭を支えていれば筋肉は緊張状態が続くこととなり、血行が悪くなって肩こりを起こします。
また、筋肉を使わなければ筋肉の柔軟性も落ちるため、筋肉が硬くなりやすくなってしまうので肩こりを発症しやすくなります。

 

●肩の使い方の間違い

運動やスポーツによって肩をよく使う方は、肩の使い方が間違っていることで肩こりを起こしている可能性があります。
間違ったフォームでスポーツや運動をすれば、肩には無駄な負担がかかってしまうため、痛みが発症します。

 

●血流が悪い

血流が悪ければ、筋肉が緊張しやすくなってしまいます。
筋肉緊張すれば硬くなり、肩こりが起こります。
そのため、低血圧や高血圧など血流が悪い方は肩こりになりやすいと言われています。

 

日常でできる肩こりの改善・予防策

肩こりを改善・予防するには、日常生活を見直すことが大切です。

改善・予防法を数日続けるのではなく、日常的に継続して行えるようにしましょう。

 

●ストレッチ、適度な運動

肩こりの改善・予防には、肩周りの筋肉の柔軟性を高めることが大切です。

日頃からストレッチを取り入れることで、肩の筋肉を柔らかくしましょう。

とくにデスクワークで同じ姿勢を続けるような場合には、途中で肩を回すなどのストレッチすることをおすすめします。
また、適度な運動をすることで血行が促進され、肩こり予防に繋がります。

 

●姿勢を正す

姿勢のゆがみは頭を支える首や肩に大きな負担をかけ、肩こりを起こしてしまう原因になります。
座っている時や立っている時の猫背姿勢だけではなく、足を組む片方の肩ばかりでバッグをかけるといった日常の姿勢やくせも見直してみてください。

頭から首、背中を通って下半身も繋がっているので、全身のゆがみを正すことを意識することが大切です。

 

●温める

慢性的な肩こりは、温めることで痛みが緩和すると言われています。
ホットパックで肩周辺を温めたり、入浴することで全身を温めることで血行が促進されます。
血行が良くなれば肩の緊張もほぐれるので、肩こりが緩和されるでしょう。
ただし、ぶつけた衝撃などで急激に肩の痛みがある場合には、温めることは逆効果になるため冷やすようにしてください。

 

高円寺こうしん整骨院の【肩こり】アプローチ方法

当院では、肩こりに対して、肩甲骨をほぐして可動域を広げる施術を行っています。

肩甲骨は背中側にある三角形の大きな骨で、肩と腕を繋ぐ役割をしています。

猫背や悪習慣やストレスなどにより肩甲骨が横に広がってしまったり高さがズレてしまったりすると、肩周りの動きが悪くなり「肩こり」「頭痛」を引き起こすことがあります。

そのため、背中に張り付いた肩甲骨をはがし筋肉の緊張を緩め、それらの症状の緩和を目指していきます。

 

【肩こりに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高電圧を身体の負傷部位に浸透させることのできる電気療法です。
期待できる効果は「軟部組織の修復」「痛みが出るサイクル、原因を特定する」ことです。
レントゲンでは映らない、筋肉、腱、靭帯の修復を促進することで早期回復が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)へ金属粒などがついたテープを貼り刺激をすることで自律神経の乱れにより生じていた不調の改善や肩こりなどの血行不良により生じていた症状の改善が期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープ(人工筋肉)と呼ばれるテープを貼ることによって、筋肉と皮膚の間のリンパの流れを促進し早期回復を目指したり「パフォーマンスの向上」「負荷の軽減」などさまざまな目的によりテーピングを使い分け施していきます。

 

■骨格矯正

身体のバランスの崩れにより生じた痛みに特化した施術です。
原因が思い当たらない痛みにお悩みの方の中には、姿勢のアンバランスが影響し症状が発生しているケースが多くあります。
1度姿勢を見直してみましょう。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは、筋肉や骨格など全身の組織を覆っている物質です。 この筋膜はストレスや悪習慣により分厚く硬くなったり癒着する性質があります。 この状態が続くことで、筋肉や関節に負担がかかり身体の様々な箇所に痛みや違和感をもたらせます。
そこで「筋膜ストレッチ(リリース)」という皮膚の表面から刺激を送り癒着した筋膜をはがし柔らかくする施術を行っていきます。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭蓋骨に効果的なアプローチを行う施術です。
頭の経穴(ツボ)を刺激することでリンパや血流の流れを促進し頭痛や眼精疲労、自律神経の乱れによる不調の改善が期待できます。
頭蓋骨へのアプローチによって全身の不調を改善しましょう。

 

■カッピング

症状が気になる場所を透明なカップで吸引する施術です。
肩や腰の痛み、血行促進、デトックス効果、花粉症の軽減や自律神経の調整など、全身への影響が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:田上 竜司
誕生日:1991年6月21日
血液型:B型
趣味:サッカー、フットサル
患者さんへのコメント:皆様を健康にすることをモット―に日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺こうしん整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目20−25
最寄:JR高円寺駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中