ストレートネックでお悩みの方へ

ストレートネックによくある症状

  • 首や肩が凝って
    痛みがある

  • 肩周りに
    しびれがある

  • 眼精疲労や
    頭痛に
    悩まされている

  • 慢性的に
    だるさがある

あなたはストレートネック(スマホ首)になっているかもしれません

スマホやタブレットの普及によって、ストレートネック(スマホ首)になっている方が増加しています。

 

スマホのうつむいた状態により、首のカーブが失われてしまうことを言います。

 

肩や背中、首などのコリや痛み、しびれはストレートネックかもしれません。

ストレートネック改善メニュー Recommend Menu

ストレートネックの原因や症状

現代病とも言われるストレートネックは、スマホやパソコンの普及によって近年急激に増えている病気です。

先天性の場合もありますが、スマホの使用など後天的なことが原因となることが多くなっています。

ストレートネックによってどのような症状が現れるのでしょうか?

 

【ストレートネックの状態と原因】

 

本来首の骨は、重たい頭の衝撃を吸収できるように緩やかなカーブになっています。
しかし、ストレートネックではカーブが失われて頚椎がまっすぐになっている状態です。
ストレートネックになる原因は、次のことが考えられています。

 

●スマホやパソコンの長時間操作

スマホの操作は日常的になっており、幅広い年齢の方が自宅や通勤などさまざまなシーンで下を向いてスマホを見ています。
このうつむく姿勢によって頭部の重心が前にかかってしまい、首の骨に負担が積み重なってストレートネックになってしまいます。
パソコン作業でも同様に、前かがみの悪い姿勢になりやすいことからストレートネックになりやすいと言われています。

 

●長時間同じ姿勢での読書

スマホやパソコンと同様ですが、椅子に座った状態で読書を続ければうつむいた姿勢が続くことになります。
そのため、ストレートネックになる可能性があります。

 

●高さが高い枕の使用

高さの高い枕を使用していると、首の骨が圧迫されることになります。
そうすると首には大きな負担がかかることになり、ストレートネックになってしまうリスクがあります。

 

【ストレートネックによる症状】

 

ストレートネックで首の骨が真っすぐになってしまえば、頭の重さは首や肩へと負荷がかかることになります。
そのため、首に痛みや痺れが現れるだけではなく、腕周りまで筋肉疲労を起こして痛みやコリを発症してしまうのです。
頚椎の上部がストレートネックになることで圧迫されれば、緊張性頭痛吐き気めまいなどの症状も現れます。
また、首の骨がまっすぐになることで血流の流れも悪くなるため、全身症状が現れるようになります。

 

ストレートネックの対処・予防法

ストレートネックになってしまえば、元の首のカーブに戻すことはなかなか難しいものです。

そのため、ストレートネックになった場合にはなるべく早く改善し、普段からストレートネックにならないように予防することが大切です。

日常生活で私たちができるストレートネックの対処・予防法をご紹介します。

 

●スマホを見る時の姿勢を改善する

スマホを使用する際にはうつむいて画面を見る姿勢になってしまいがちであり、この姿勢がストレートネックの原因です。
スマホを顔と同じくらいの高さに持ち上げるようにし、うつむかないように注しましょう。
スマホを持つ手の脇の下に、腕を組むようにして反対の手の拳を入れると、腕が下がってくることを防げます。

 

●パソコンの高さを調整する

パソコンを長時間使用する機会が多い方は、パソコンのモニターの高さを調整してうつむき姿勢にならないようにしましょう。
モニターの高さが低ければ、うつむき姿勢になるのでストレートネックになるリスクが高くなります。
モニターアームでパソコンのモニターの高さを調整したり、机や椅子の高さを変えることで調整してみてください。

 

●正しい座り方をする

仕事や食事、電車など日常生活において椅子に座る時間は意外と長いものです。
座高を高くするようなイメージで意識して正しい座り方をすることで、猫背や反り腰などの姿勢が改善されます。
首の骨から背骨、骨盤は繋がっているため、骨盤から整えることで首の矯正にもなるのです。

 

●枕を見直す

高さの高い枕の使用は、首や肩を圧迫することになります。
まずは枕を使用することを辞めて、仰向けの状態で寝るようにしてみてください。
どうしても枕がないと不安だという場合には、高さの低い枕から慣らしてみましょう。

 

高円寺こうしん整骨院の【ストレートネック】アプローチ方法

ここまで、ストレートネックの原因として、「デスクワーク」「自分に合った正しい枕を使用していないこと」などを挙げてきました。

では、ストレートネックを根本から改善する為には、どのようにしたらよいのでしょうか。

考えられることは、次の3つがあります。

①パソコンやスマホを長時間使用しない

②主要姿勢筋を筋トレで鍛える

③「そり腰」を改善する

 

などの方法です。

現代社会において、パソコンやスマホのない生活は考えられません。
姿勢や枕に気をつけていても無意識のうちに身体のバランスは崩れていき日常生活の動作で私たちの身体はゆがみます。

当院では、バランスを崩しゆがんでしまった身体を「骨盤矯正」と、「ドレナージュ(EHD)」という頭蓋骨の調整する施術でアプローチしていきます。

大切な身体に大きな悪影響が現れてくる前に、当院の施術で、定期的なケアをしてみませんか?

 

【ストレートネックに対する施術方法】

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)へ金属粒などがついたテープを貼り刺激をすることで自律神経の乱れにより生じていた不調の改善や肩こりなどの血行不良により生じていた症状の改善が期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープ(人工筋肉)と呼ばれるテープを貼ることによって、筋肉と皮膚の間のリンパの流れを促進し早期回復を目指したり「パフォーマンスの向上」「負荷の軽減」などさまざまな目的によりテーピングを使い分け施していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは、筋肉や骨格など全身の組織を覆っている物質です。 この筋膜はストレスや悪習慣により分厚く硬くなったり癒着する性質があります。 この状態が続くことで、筋肉や関節に負担がかかり身体の様々な箇所に痛みや違和感をもたらせます。
そこで「筋膜ストレッチ(リリース)」という皮膚の表面から刺激を送り癒着した筋膜をはがし柔らかくする施術を行っていきます。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭蓋骨に効果的なアプローチを行う施術です。
頭の経穴(ツボ)を刺激することでリンパや血流の流れを促進し頭痛や眼精疲労、自律神経の乱れによる不調の改善が期待できます。
頭蓋骨へのアプローチによって全身の不調を改善しましょう。

 

■猫背矯正

猫背は、CMC筋膜ストレッチ(リリース)や骨格矯正などでアプローチしていきます。
胸椎の後弯が強くなるとストレートネックになりやすくなります。
また、頭痛や肩こりの症状をお持ちの方は猫背の可能性が高いです。ご自宅でもできる猫背矯正もお伝えしています。
デスクワークなどによって丸くなった背中を改善しましょう。

著者 Writer

著者画像
院長:田上 竜司
誕生日:1991年6月21日
血液型:B型
趣味:サッカー、フットサル
患者さんへのコメント:皆様を健康にすることをモット―に日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺こうしん整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目20−25
最寄:JR高円寺駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中