外反母趾でお悩みの方へ

外反母趾によくある症状

  • 足の親指の付け根がポッコリ
    出ている

  • 靴を履くと、親指と人差し指が重なって居たい

  • 足の親指が小指側を向いている

  • 足にしびれがある

外反母趾に悩んでいる方へ

外反母趾という言葉を耳にしたことがある方も多いでしょう。

外反母趾があると靴との摩擦で痛みが発症し、

ひどい場合には歩行障害が起こることもあります。

外反母趾はなぜ起こり、どうすれば予防できるのかご紹介します。

外反母趾早期回復メニュー Recommend Menu

外反母趾が起こる原因

外反母趾は、足の親指の付け根にある関節が突き出ている状態のことを言います。

通常でもこの関節は曲がっているものですが、外反母趾では大きく突き出るため、靴を履くと痛みを生じます。

 

【外反母趾が起こる原因】

 

外反母趾が起こる原因は、大きく分けると先天性と後天性の2種類があります。

先天性の場合は、遺伝的要因によって関節が不安定であったり、関節が緩みやすかったりすることで外反母趾が起こります。

一方で、後天性の場合には内的要因と外的要因の2パターンが原因として考えられます。

 

 

●外的要因:生活習慣

ハイヒールや足先の細い靴をを日常的に履いていると、足先に負荷がかかって外反母趾を引き起こします。
また、肥満の場合も体重負荷や筋力が低下することで、外反母趾に繋がるような場合もあります。
歩き方のくせも外反母趾の原因になっている場合もあり、足の筋力を使えていない歩き方をしていれば、指の筋力も弱まるでの外反母趾になるリスクが高まります。
歩幅が狭い場合や、足をあまり上げないような歩き方には注意が必要です。

 

●内的要因:病気

関節リウマチ糖尿病の場合、関節が変形することで外反母趾を起こしやすくなっています。

 

【外反母趾によって起こる症状】

 

外反母趾が起これば、見た目に拇趾の屈曲が分かるだけではありません。
外反母趾によって靴を履けば摩擦が起こりやすくなるので、外反母趾の部分に炎症が起こりやすくなります。
すると、痛みや腫れが生じるだけではなく、痛みを避けようとして不自然な歩行や動作をしてしまいます。
そうすれば、外反母趾を悪化させることになりますし、身体のゆがみにも繋がるのです。
また、症状が悪化すれば非常に強い痛みを生じ、歩行障害が引き起こされるようなケースもあります。

 

外反母趾の予防・改善策

外反母趾はそのまま放っておく方も多いですが、痛みがあると日常生活で不便なことも多いでしょう。

日常でできる外反母趾の症状への対策や、予防策を知っておきましょう。

 

【外反母趾の症状への対策】

 

外反母趾では足の痛みやしびれなどの症状が現れます。
痛みやしびれの症状に対する対策は、次のものが挙げられます。

 

●サポーターを使用する

市販では外反母趾のサポーターなどが販売されているので、痛みがある場合にはサポーターを用いるといいでしょう。
外反母趾が改善されるわけではありませんが、一時的に痛みを緩和することが期待されます。
日常的に使用するのではなく、痛みがある場合などに使用することをおすすめします。

 

●患部を冷やす

外反母趾が突然痛むような場合や、腫れて熱を持っているような場合にはアイシングをします。
アイスパックやビニール袋に氷を入れた物を使って、20分ほど冷やして様子を見ましょう。

 

【外反母趾の改善・予防策】

外反母趾にならないための予防や、今以上に外反母趾を悪化させないためには、原因になっている生活習慣の見直しが必要です。

 

●自分の足に合う靴を履く

ハイヒールや先の細い靴は、指先に負荷を与えて外反母趾を助長させてしまいます。
足に負担をかけない、足の指をしっかりと使えるような靴を選ぶことが大切です。
自分の持っている靴の幅が本当に合っているのか見直し、フィット感や歩いた時の足の負荷を考えて靴を選んでみてください。

 

●足の指を動かす

外反母趾は中高年の女性に多く発症しますが、その原因は足の指の筋力低下です。
足の指や足首を動かすようなストレッチを行い、関節や筋肉の柔軟性を高めましょう。

 

高円寺こうしん整骨院の【外反母趾】アプローチ方法

外反母趾は女性に多いと言われ、ヒールなどによる足先が狭くなっている靴が影響していると言われています。

しかし、男性でも外反母趾になる場合があります。
それは、足底のアーチが原因となっているためです。

足底のアーチは縦と横にあり、そのアーチのバランスが悪くなると外反母趾になりやすいと言われています。

そのため、当院では足底のアーチ、足関節のアライメントを整えて外反母趾の改善を目指します。

 

 

【外反母趾に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高電圧を身体の負傷部位に浸透させることのできる電気療法です。
期待できる効果は「軟部組織の修復」「痛みが出るサイクル、原因を特定する」ことです。
レントゲンでは映らない、筋肉、腱、靭帯の修復を促進することで早期回復が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)へ金属粒などがついたテープを貼り刺激をすることで自律神経の乱れにより生じていた不調の改善や肩こりなどの血行不良により生じていた症状の改善が期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープ(人工筋肉)と呼ばれるテープを貼ることによって、筋肉と皮膚の間のリンパの流れを促進し早期回復を目指したり「パフォーマンスの向上」「負荷の軽減」などさまざまな目的によりテーピングを使い分け施していきます。

 

■骨格矯正

身体のバランスの崩れにより生じた痛みに特化した施術です。
原因が思い当たらない痛みにお悩みの方の中には、姿勢のアンバランスが影響し症状が発生しているケースが多くあります。
1度姿勢を見直してみましょう。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは、筋肉や骨格など全身の組織を覆っている物質です。 この筋膜はストレスや悪習慣により分厚く硬くなったり癒着する性質があります。 この状態が続くことで、筋肉や関節に負担がかかり身体の様々な箇所に痛みや違和感をもたらせます。
そこで「筋膜ストレッチ(リリース)」という皮膚の表面から刺激を送り癒着した筋膜をはがし柔らかくする施術を行っていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:田上 竜司
誕生日:1991年6月21日
血液型:B型
趣味:サッカー、フットサル
患者さんへのコメント:皆様を健康にすることをモット―に日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺こうしん整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目20−25
最寄:JR高円寺駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中