打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 転んで青あざができた

  • ぶつかった部分
    が、押すと痛い

  • 出血はしていないが、腫れや
    痛みがある

  • 打撲がなかなか
    改善しない

日常で起こりやすいケガ「打撲」について

いつの間にかどこかでぶつけていて、部分的に青あざができてしまったという経験をしたことがある方は多いでしょう。

 

青あざになった部分は押すと痛みがあり、軽度であれば自然と回復していきます。

 

打撲は、日常生活やスポーツにおいて誰もが起こり得るケガであると言えます。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲になる原因

打撲は誰でも、そして身体のどこの部分にでも起こり得るケガです。

外部から衝撃を受けたことによって、受傷した患部の皮膚が変色したり、痛みが現れたりします。

打撲は「打ち身」とも呼ばれ、受傷した状況や部位によって現れる症状の大きさは異なります。

 

【打撲の症状】

 

打撲すると皮膚の下にある筋や血管などが損傷し、内側で出血や炎症を起こします。
そのため、内出血によって患部の皮膚の色が青紫色になり、時間の経過と共に黄色など変化していきます。
打撲をした瞬間は痛みを感じないケースも多く、時間が経つと痛みが発症します。
痛みや内出血は、受傷時の衝撃の強さや受傷部位によって異なるものです。
軽度なものであれば数日~数週間で改善に向かいますが、年齢と共に改善が遅くなる傾向があります。

 

【打撲の原因】

 

打撲は外から強い衝撃や衝突が原因で起こるものです。
次のような場面で打撲が起こりやすいと言えます。

 

スポーツでの衝突

転倒

机などの角にぶつかった時

スポーツの用具がぶつかった時

 

スポーツなどで衝突したり転倒したりするような場合だけではなく、日常生活においてさまざまなシーンで打撲は起こり得ます。
高齢になると椅子やベッドなどから転落した際に打撲が起こるようなケースもありますし、日常生活で気付かない間に壁やドアなどにぶつかって打撲を起こしているような場合もあるでしょう。

打撲は受傷してすぐには見た目に現れないため、そのまま放っておくような方も多いでしょう。
しかし、骨折や脱臼、捻挫を伴っているような場合もあるので、痛みが強い場合や、骨が突き出たようになっているような場合には医療機関に行くようにしてください。

打撲になった時の対処法

打撲は軽度であることも多いですが、時間が経過すると重症化するようなケースもあります。

受傷時にきちんと対処することで、回復を早めたり、痛みを軽減させることが期待できます。

打撲をした時の対処法をご紹介します。

 

【打撲の対処方法】

 

●RICE処置

ケガをした時は、その場で応急処置をすることが大切です。
応急処置が症状の悪化を予防し、ケガを早期改善してくれることが期待されます。
打撲だけではなくその他のケガでも応用できるので、応急処置を知っておくと便利です。
ケガの応急処置は、「RICE処置」と呼ばれるものになります。

R:Rest(安静にする)

ケガをしたら、動かないようにすることが大切です。
打撲は場合によっては骨折や脱臼なども併発している可能性もあるため、無理に動かさないようにしましょう。
患部には負荷がかからないような体勢で安静にします。

 

I:Ice(冷やす)

打撲した部分を中心に、氷や冷却パックなどで冷やします。
冷やすことで痛みや炎症を緩和することができるので、患部とその周辺が冷やせるようにします。
長時間冷やし続けると凍傷になってしまう可能性があるので、まずは15分ほど冷やしてから様子をみてください。
再び痛むようであれば、再度冷やします。

 

C:Compression(圧迫する)

打撲した部分をテーピングや包帯を用いて、軽く圧迫します。
圧迫することで内出血や腫れを軽減することが期待されるだけではなく、患部の固定をする役割も果たします。
ただし、あまり強く圧迫しすぎると血流が悪くなってしまうので、適度な強さで圧迫するように注意してください。

 

E:Elevation(拳上する)

打撲した部分が心臓よりも高い位置に持ち上げます。
拳上する行為も痛みや内出血の緩和に繋がります。

 

手足の軽い打撲であれば応急処置のみで対応できますが、頭や目、胸などを強打した場合には体内の器官が損傷している可能性があります。
また、手足の打撲でも、強い痛みや他の症状が現れている場合にも我慢をせずに、医療機関へ行くようにしましょう。

 

 

高円寺こうしん整骨院の【打撲】アプローチ方法

日常の中で、不意に何かにぶつかったり、転んでしまったり「打撲」をしてしまうことは多いかと思います。

放っておくと修復されると思われている「打撲」ですが、打撲直後から適切な処置を行うことが重要となります。

 

当院では、まず打撲に対してアイシングを行います。

打撲をしてから72時間は炎症期となります。
その期間にアイシングをすることで炎症を最小限に抑えることができ、早期回復へ繫がります。

 

その後、RICE処置に沿って適切な応急処置を行い、元の筋肉の張力を発揮させるために「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」やリハビリ、パーソナルストレッチなどを行います。

 

衝撃を受け損傷してしまった組織は、徐々に修復されていくのですが、元の状態に修復されていくわけではありません。
壊れた状態のまま修復しようとしていくのです。

そのため、患部周りの筋肉を強化するなどをして、周りの筋肉に負荷のかからない状態にすることが重要です。
筋力強化を促進するため、周辺の筋肉を柔らかくしていくことも必要です。

 

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

外傷性の「打撲」「捻挫」「挫傷(肉離れなど)」「骨折」「脱臼」などに対して健康保険などの使って施術を受けることが可能です。※骨折・脱臼については医師の同意が必要です。(応急処置を除く)
肩こりなどの慢性の痛みや慰安目的は保険適用外となります。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高電圧を身体の負傷部位に浸透させることのできる電気療法です。
期待できる効果は「軟部組織の修復」「痛みが出るサイクル、原因を特定する」ことです。
レントゲンでは映らない、筋肉、腱、靭帯の修復を促進することで早期回復が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)へ金属粒などがついたテープを貼り刺激をすることで自律神経の乱れにより生じていた不調の改善や肩こりなどの血行不良により生じていた症状の改善が期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープ(人工筋肉)と呼ばれるテープを貼ることによって、筋肉と皮膚の間のリンパの流れを促進し早期回復を目指したり「パフォーマンスの向上」「負荷の軽減」などさまざまな目的によりテーピングを使い分け施していきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは、筋肉や骨格など全身の組織を覆っている物質です。 この筋膜はストレスや悪習慣により分厚く硬くなったり癒着する性質があります。 この状態が続くことで、筋肉や関節に負担がかかり身体の様々な箇所に痛みや違和感をもたらせます。
そこで「筋膜ストレッチ(リリース)」という皮膚の表面から刺激を送り癒着した筋膜をはがし柔らかくする施術を行っていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:田上 竜司
誕生日:1991年6月21日
血液型:B型
趣味:サッカー、フットサル
患者さんへのコメント:皆様を健康にすることをモット―に日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺こうしん整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目20−25
最寄:JR高円寺駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中