膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 立ち上がる時に
    膝が痛む

  • 長時間歩くと
    膝が痛く
    なってくる

  • 歩き始めに
    膝に痛みが走る

  • 膝が痛い
    ので、階段の
    昇降が困難

中高年で膝の痛みに悩む方は多いです

立ち上がる瞬間や歩き始め、階段など膝の曲げ伸ばしで痛みが走りますが、

日常生活において膝に負担をかけずに生活をすることは難しいものです。

 

しかし、痛みがあるからと動くことを避けていれば、

ますます悪化してしまう可能性があります。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

つらい膝の痛みの原因

膝は曲げたり伸ばしたりすることで、歩いたり座ったり、さまざまな行動をすることができます。

その膝に痛みがあると、あらゆる日常の行動において痛みが伴うことになります。

つらい膝の痛みにはさまざまな原因が考えられます。

 

 

 

 

【膝の役割】

 

膝には2つの大切な役割があります。
身体を支えるという役割と、足を動かすという役割です。
そのため、膝に痛みがあれば日常生活のさまざまな動作に影響が及びます。

 

【膝の痛みの原因】

 

膝の痛みの原因はさまざまなもことが考えられ、ケガや病気が原因の場合もあれば、年齢や性別によって異なる場合もあります。
そのため、原因によって改善へのアプローチや緩和方法は異なってきます。
膝の痛みの原因として次のことが主に考えられます。

 

●変形性膝関節症

加齢肥満などが原因で膝の関節や軟骨がすり減っていき、炎症することで痛みが発症します。
慢性的な膝の痛みとなり、症状が進行すると膝の動きが制限されてしまいます。
変形性膝関節症は女性に多く発症することが特徴です。

 

●関節リウマチ

免疫異常によって関節に炎症が起こることで膝に痛みが発症します。
膝の痛みの他に、寝起きに強ばりを感じたり、倦怠感、貧血などの全身症状を伴うことがあります。
発症する年代は幅広く、女性に多く発症します。

 

●半月版損傷

膝の関節にある軟骨組織である半月板が、外からの衝撃や圧力よって損傷した状態です。
スポーツで起こる他、加齢によって半月板が変性することで些細な動作でも発症する場合があります。
痛み腫れ膝の動きの制限などの症状が現れます。

 

●膝関節靭帯損傷

外部から大きな力が加わることで、膝の靭帯に損傷が起きた状態です。
スポーツ交通事故で起こり、痛みや足の動かしにくさが症状として現れます。

 

膝の痛みを悪化させないための対策

膝の痛みの原因はさまざなことがあるため、原因によって症状を悪化させないための対策は異なります。

病気やケガが関連している場合と、病気ではない場合ではどのようにそれぞれ対策すべきなのでしょうか?

 

【安静にさせた方がいい場合】

 

半月版損傷膝関節靭帯損傷はケガが関連した膝の痛みです。
ケガをした時は、受傷時に患部が動かないように固定して安静にするという応急処置を取りましょう。
そして、冷やして患部を心臓より高い位置に持ち上げることで、痛みや腫れを軽減することが期待されます。
また、原因は関係なく膝の痛みが強い場合には、無理に動かさずに安静にするようにしましょう。

 

【日常でできる対策】

 

膝の痛みがある場合、日常でできる痛みの軽減・予防策には次のことがあります。

●ストレッチをする

年齢と共に筋力や関節の柔軟性は低下するため、日頃からストレッチをすることで膝周りの柔軟性を高めることが期待されます。
そうすれば、筋肉や関節が硬くなることを予防できるため、膝の痛みの予防に繋がります。
また、運動やスポーツ前にはストレッチをすることで、ケガの予防にも繋がります。

 

●サポーターをつける

運動やスポーツをする時に膝へ補助としてサポーターを装着すれば、膝への負担を軽減できます。
また、変形性膝関節症によって膝の曲げ伸ばしが不自由だという場合にもサポーターを着用することで、膝の関節を安定させて痛みを軽減させられます。

 

【動かしたほうが良い場合】

 

膝の痛みの対処法として動かした方が良い場合は、病気やケガが関連している場合のリハビリとして動かすことと、病気ではない場合の膝の痛みの予防策として動かすことが挙げられます。
どちらにしても、痛みがある場合には無理をして動かさず、少しずつストレッチやトレーニングをすることが大切です。

 

高円寺こうしん整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

当院では大きく4つの段階に分けてアプローチしていきます。

 

①腫れをとる

②筋肉の緊張を緩める

③可動域を広げる

④筋肉をつける

 

当院では念入りな検査・施術にあたることでお悩みの原因を追究し、痛みの緩和・再発防止などサポートさせていただきます。

そして追求した原因を下記の施術メニューによってアプローチしていき、膝の痛みを改善を目指していきます。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は高電圧を身体の負傷部位に浸透させることのできる電気療法です。
期待できる効果は「軟部組織の修復」「痛みが出るサイクル、原因を特定する」ことです。
レントゲンでは映らない、筋肉、腱、靭帯の修復を促進することで早期回復が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)へ金属粒などがついたテープを貼り刺激をすることで自律神経の乱れにより生じていた不調の改善や肩こりなどの血行不良により生じていた症状の改善が期待できます。

 

■テーピング

キネシオロジーテープ(人工筋肉)と呼ばれるテープを貼ることによって、筋肉と皮膚の間のリンパの流れを促進し早期回復を目指したり「パフォーマンスの向上」「負荷の軽減」などさまざまな目的によりテーピングを使い分け施していきます。

 

■骨格矯正

身体のバランスの崩れにより生じた痛みに特化した施術です。
原因が思い当たらない痛みにお悩みの方の中には、姿勢のアンバランスが影響し症状が発生しているケースが多くあります。
1度姿勢を見直してみましょう。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜とは、筋肉や骨格など全身の組織を覆っている物質です。 この筋膜はストレスや悪習慣により分厚く硬くなったり癒着する性質があります。 この状態が続くことで、筋肉や関節に負担がかかり身体の様々な箇所に痛みや違和感をもたらせます。
そこで「筋膜ストレッチ(リリース)」という皮膚の表面から刺激を送り癒着した筋膜をはがし柔らかくする施術を行っていきます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

ふくらはぎからひざ裏に対してほぐしリンパと血液の流れを促進していきます。
リンパと血液の流れが整うことで老廃物の排出が促され冷え性やむくみの解消に効果が期待できます。
日々のストレスや運動不足が原因でひざ裏やふくらはぎに老廃物が溜まっている方におすすめな施術です。

 

■カッピング

症状が気になる場所を透明なカップで吸引する施術です。
肩や腰の痛み、血行促進、デトックス効果、花粉症の軽減や自律神経の調整など、全身への影響が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:田上 竜司
誕生日:1991年6月21日
血液型:B型
趣味:サッカー、フットサル
患者さんへのコメント:皆様を健康にすることをモット―に日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高円寺こうしん整骨院
住所〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目20−25
最寄:JR高円寺駅 徒歩2分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院 公式SNSアカウント 高円寺こうしん整骨院 ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高円寺こうしん整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中